前へ
次へ

過ごしやすい気温の5月からは紫外線対策も重要に

新緑がまぶしく美しい5月を迎えると過ごしやすい陽気となりますが、春から初夏へ向かう時期だけに志願戦も強くなっていきます。
真夏だけではなく初夏の時期から、強い紫外線への対策をしておかなければなりません。
これまで寒い時期を過ごしてきたものお、5月になると日中はあたたかく、朝と夜はまだ寒い日があります。
温度の差があるのも初夏ですし、朝晩だけではなく、急に寒くなる日も出てくるので、素肌にとっては穏やかではありません。
一気に増えるのが5月からの紫外線量であり、冬を過ごした肌にとって季節の変わり目で、とても揺らぎ安くなっています。
7月や8月レベルの強さではないものの、季節の変わり目で敏感になっている肌はダメージを受けやすいです。
まだ本格的な夏にはなっていないとしても、5月はすでに日焼け止めの出番であり、顔や首など肌が露出をする部位には日焼け止めを塗るようにします。
強い紫外線は5月といえども油断できず、エラスチンを壊したりコラーゲンを減らすので、しわのもとになるためUVケアは欠かせません。

名東区でオススメの歯医者

収容人数に合わせた大きさで設置
喫煙者の数を想定した喫煙ブースをおつくりすることができます

Page Top